美筋.LAB

Beauty Muscle LaboratoryⓇ


美筋.LABⓇとは

ようこそ美筋.LABⓇへ

美を追求するうえで生まれた様々な疑問を解決へと導く手がかりとして笑顔になるための表情筋や身体の仕組みを学ぶ事の重要性を感じました。

私たちは解剖学(骨・筋・血管・神経)を学べるセミナーなどに参加し、様々なジャンルのスペシャリストと出会い、得られた知識が私たちの研究活動にとても役立っています。

私たちのように

  • もっと美を追求したい 
  • より専門的知識が知りたい 
  • もっと学ぶ場が欲しい 
  • どうやって学べばいいか分からない

全ての方々に研究の場があればと考え「美筋.LABⓇ」と名付けたwebサイトを設立しました。

各分野のスペシャリストな方々の楽しいお話や活動をご紹介していきたいと考えております。よろしかったらご覧ください。


Blog

three-S主催「顔面の立体構造と結果を出すテクニックセミナー」

東京で開催する、three-Sさん主催セミナーのお知らせです。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

(以下は、three-Sさんのfacebookより)

======================

 

世界で初めて表情筋模型を作成された、

高見 寿子先生による、表情筋セミナー第2弾!!

 

前回、表情筋の解剖、顔面神経麻痺へのアプローチなどについて濃厚な講義をして頂きました。

 

さて、皆さんは、表情筋と聞くと何を思い浮かべますか?

多くの医療職種者は【顔面神経麻痺】を想像するのではないでしょうか?

 

勿論、three-Sのスタッフは、顔面神経麻痺の方にもこの施術を行っていますが…

 

★多系統萎縮症

★脊髄小脳変性症

★パーキンソン病

★脳血管障害後後遺症

 

など!など!様々な疾患により、

構音障害、口部顔面失行、摂食嚥下障害を呈した方へ行っています!

 

もっと具体的にお話すると、顔面神経麻痺だけへのアプローチではなく、疾患により身体が硬くなった方、顔面の左右差を気にされる方、麻痺などにより口形がつくりにくい方・・・様々な方に応用できるんです!

 

さらには、自分達のセルフケアまで!

 

STだけでなく!

PT、OT、Nr、Dr、エステティシャン

他職種にもお伝えできる技術となっています!

 

興味はあるけど、自分の領域で使用できるのか不安という方は、お気軽にthree-Sへお問い合わせ下さい!

医療従事者もエステに関わる方も全ての方に通じるものがここにあります!

 

本セミナーを受講された方には、【美筋ストレッチ】受講証明書もお渡しいたします♪(入門編の証明書であり、全ての美筋ストレッチの学びの過程が終わったと認めるものではありません)

 

【主催】three-S

【開催日】2018.6.17(日)

【時間】10:00~16:00(受付は9:30~)

【開催地】東京都立産業貿易センター台東館 2F会議室B

https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/access/

【参加費】12,000円

【対象】言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、看護師、医師、歯科医師、介護士、エステティシャン

 

 

【お申込み方法】こちらから必要事項を必ず記載しお申込み下さい。

 




what's new


Beauty master

笑顔研究家・感性価値プロデューサー

菅原 徹  Toru SUGAHARA, Ph.D.

 

「笑顔に勝る化粧なし」とよく至高の化粧に例えられます。笑顔の化粧としての美的効果と心身の健康効果の可能性を探求しています。 →詳細

 

JewelBLACK主宰・メイクアップアーティスト

春乃星りさ(はのせりさ)

 

ウェディング、マタニティ、家族写真を中心に女性をキラキラ輝かせるコンセプトのフォトスタジオをオープン。

詳細

 

MC

石濱里奈

 

JRAグリーンチャンネルをはじめ、式典やシンポジウム、ファッション・ヘア・トークショーなど楽しいイベントに対応。    詳細

 

スタイリスト・アイリスト・メイク講師、ほか

豊島未来

 

全国で5人しかいない全美連まつげエクステンション指導講師。美容学校でのへメイク指導やNegiccoの専属ヘアメイクなどをこなす。詳細

 


美筋研究家Ⓡ

タカミヒサコ

 

癒し空間ふぅ代表、美筋.LABⓇ主宰

女性を美しく、笑顔にするための、裏付けのある美筋学Ⓡを発信中

詳細

 


Specialist

新潟大学歯学部教授

大島勇人(口腔解剖学専攻)

 

現在、新潟大学と癒し空間ふぅ、医学モデル工業との共同研究「咀嚼筋・表情筋模型の開発」

詳細